為替介入で4兆円の大儲け すご腕FXトレーダー顔負けの手腕、神田財務官の素顔とは

ビジネス

  • ブックマーク

 急激な円安に歯止めをかけるため、財務省が行った為替介入(実施は日銀)は9兆円以上にものぼる。9月から10月にかけての介入で、一時は1ドル=151円を突破した為替相場も、その後は小康状態になった。

 シグマ・キャピタル代表の田代秀敏氏によると、

「為替介入はタイミングが重要です。円ドルのマーケットでは一日に数百兆円が取引されるため、いくら財務省でも力ずくで相場を動かせるものではありません。ですから基本的に投機筋が休んでいる金曜の夜などに不意打ちするのは常套手段。米国の財政当局等と緊密な連絡を取りながら、ここぞという瞬間に大量の注文を出し、行き過ぎた為替水準に冷水をかけるのです」

 もちろん為替介入は利益を出すのが目的ではないが、財務省は結果的に大儲けとなったはずだ。同省は利益を明らかにしていないため、公表されている数字で計算してみる。外国為替資金特別会計で保有している外貨預金は約1370億ドル。この中には前回の11年前に為替介入した際のドルが含まれている。当時、財務省は1ドル=70円台に突入するほどの超円高にブレーキをかけるため、約14兆円分の円売りドル買いを行ったのだ。そして今回は逆に約9兆1881億円分のドル売り円買いを実施。言うなれば安く仕込んでおいたドルを高値のピークで手放したことになる。

オックスフォード大学に留学

 仮に平均1ドル=80円で買っておいたドルを、今回平均1ドル=145円で円に戻したとすると、差し引き約4兆円のプラス。前回増税時の消費税収の増額分よりはるかに多く稼いだことになる。その、すご腕FXトレーダーも顔負けの介入を仕切ったのが、同省の神田眞人財務官(57)だ。

「財務官は国際金融の人脈が不可欠で、かつ相場のセンスが求められる。早くから財務官候補としてキャリアを積んできた神田氏ですが、注目すべきは1989年に英オックスフォード大学のセント・ヒューズ・カレッジに留学していることです。そこには哲学・政治学・経済学を同時に学ぶコースがあり、世界各国からエリートが送り込まれる。政府派遣留学生の仕事はそこで人脈を培うこと。今回の電撃介入にも生かされたはずです」(田代氏)

 神田氏と同時期にオックスフォード大に留学した官僚には雅子さま(当時外務省)がいる。住まいが近いことから食事を共にすることも度々で、雅子さまから手料理を振る舞われたことも。風変わりな言動から「宇宙人」と評されることもある神田氏だが、その人脈は広く、かつ多彩らしい。

週刊新潮 2022年11月24日号掲載