正しい者が最後には報われるべき――初の武家法典「御成敗式目」を制定した北条泰時が見せた「大岡裁き」

国内 社会

  • ブックマーク

 NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、俳優坂口健太郎さんが演じる北条泰時が人気を博している。父・義時の跡を継いで鎌倉幕府の第3代執権に就任し、日本史上屈指の名宰相と評価されてきた人物だ。...

記事全文を読む