「名君」後鳥羽上皇の評価を一転させた「ひどい内容の院宣」は実在したのか――人気歴史家が徹底検証

国内 社会

  • ブックマーク

 後鳥羽上皇が鎌倉幕府執権の北条義時に対して討伐の兵を挙げて敗れた「承久の乱」。朝廷と武士の力関係が決定的に逆転した、日本史の転換点とされている。...

記事全文を読む