村上宗隆、巨人では実現しなかった「56号」と「令和初の三冠王」 25年オフ「米移籍」へ加速

スポーツ 野球

  • ブックマーク

人気の清宮、実力の村上

 プロ野球ヤクルトの村上宗隆内野手が10月3日のDeNAとの今季最終戦で、1964年の王貞治を超え、日本人単独最多の56本塁打をマークするとともに、史上最年少で三冠王に輝いた。22歳にして“村神様”はNPB最強スラッガーの地位を確立した。【津浦集/スポーツライター】...

記事全文を読む