“出雲のイナズマ”里見香奈女流五冠、苦戦の理由は猛烈なハードスケジュール? 巻き返しの可能性は

国内 社会

  • ブックマーク

絶体絶命、がけっぷちに

 島根県出身であることと終盤の攻めの厳しさから、“出雲のイナズマ”との異名を持つ里見香奈女流五冠(30)が苦戦している。現在、里見五冠は、将棋界の「ガラスの天井」といわれる棋士編入試験に挑戦中。5番勝負で3勝すると、女性初の「棋士」誕生となるが、ここまで2局戦って連敗、編入試験をパスするには、もはや残り3局を全勝するしかない。まさに絶体絶命、がけっぷちに追い込まれてしまった。

 ***...

記事全文を読む