史上最年少で囲碁「名人」挑戦の仲邑菫 叔母が振り返る「神童の育て方」

国内 社会

  • ブックマーク

 若手棋士といえば将棋の藤井聡太五冠(19)の名が口にされがちだが、どっこい囲碁の世界も前途有望な才能の宝庫なのである。10歳で史上最年少のプロ棋士となった仲邑菫(なかむらすみれ)二段(13)もその一人。先頃タイトル戦の挑戦者としても最年少記録を更新したが、かような神童はいかにして生まれたのか。

 ***...

記事全文を読む