ビートたけし“最後”の映画はお蔵入りが決定的? KADOKAWA内部では「たけし抜き」で編集作業が

エンタメ

  • ブックマーク

 公開されれば話題を呼ぶはずだ。なにしろ、ビートたけし(75)の“最後の映画”である。ところが本誌(「週刊新潮」)で既報の通り、お蔵入りの危機にあるのだが、泣きっ面に蜂とはこのことで、製作したKADOKAWAの会長が逮捕。もはやにっちもさっちもいかず――。

 ***...

記事全文を読む