フジ・永尾アナの“出社拒否”本当の理由 五島列島の母は「自分のことはあまり話さない子」

エンタメ

  • ブックマーク

 この秋に始まるNHKの連続テレビ小説「舞いあがれ!」は、長崎県五島列島が舞台の一つ。が、同地出身の“フジテレビの女子アナ”は、故郷が朝ドラの話題で沸くその陰で、久しく会社に姿を見せず、ひっそり退社を決意していた。

 ***

 今月10日、フジの社員・永尾亜子(28)が退社を予定していることがスポニチアネックスで報じられた。

 まだ若いだけに、ニュースになるのも無理はない。退社時期は今秋で、関係者にあいさつも済ませ、現在は有給休暇を消化中だという。

「じつは以前から、永尾さんは退社するんじゃないかと心配されていました」

 とはフジ関係者だ。

 2016年入社の永尾はアナウンス室に配属されて、「めざましテレビ」のエンタメニュースなどを担当。18年には同じ五島列島育ちの女優、川口春奈(27)へのインタビューで地元トークに花を咲かせたこともあった。

入社1年目にセクハラされたことが報じられていた

 ところが今年6月末、広報局へ異動になったことが変調のきっかけに。

「異動が相当ショックだったみたいです。彼女の担当は番組広報、つまり番組の取材対応やリリース作成が仕事となったのですが、異動直後からほぼ会社に来ず、“出社拒否”の状態に。彼女は入社1年目に上司からセクハラされたことが報じられながら、明るく振る舞っていた。やはり広報局が不本意だったのでしょう」

 と先の関係者。

「アナが異動後に退社する前例は多くて、たとえば今年4月にフリーになった久代萌美はネットワーク局に移った後の退社でした。だから今回、社内でもみな余計に気をもんでいたんです」

次ページ:朝が弱いのは致命的

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]