ダルビッシュ有、WBC辞退なら「ケジメ」必要 3000奪三振の“生けるレジェンド”が待望論に苦悩するワケ

スポーツ 野球

  • ブックマーク

「変化は全然怖くない」

 米大リーグ、パドレスのダルビッシュ有投手(36)が9月2日にロサンゼルスで行われた地区首位の強豪ドジャース戦に先発し、7回無失点、9奪三振で日本選手では野茂英雄以来、2人目の日米通算3000奪三振の大記録を達成した。日本球界だけでの3000奪三振も金田正一ら4投手しか到達していない。来春開催のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向け、2009年には胴上げ投手になった右腕への待望論は高まるばかりだが……。その声と反比例するように、本人は苦悩を深めることになりそうなのだ。...

記事全文を読む