実家の所有者が93人になることも! 家族関係を破壊する「共有不動産」の知られざるリスク

国内 社会

  • ブックマーク

共有状態はリスクの温床

「共有不動産」と聞いても、ピンとこない方は多いかもしれない。だが、実家の不動産の相続については、避けて通れない問題と考えている人も少なくないはずだ。たとえば、あなたの親が亡くなって、実家の土地と建物をきょうだいで相続したとしよう。その際、誰かひとりが相続するのではなく、きょうだい各々が持分という割合で所有権を分け合うこと――。これを共有不動産(共有名義不動産)と呼ぶ。実はいま、この共有不動産を巡るトラブルが急増し続けているという。しかも、揉め事が起こるのは、莫大な資産を有する富裕層ではなく、一般家庭の方が圧倒的に多いのだ。...

記事全文を読む

Advertisement