「いきなり!ステーキ」社長辞任の前途多難 店舗拡大、顧客軽視…そして最大の失敗は?

ビジネス 企業・業界

  • ブックマーク

「いきなり!ステーキ」を展開するペッパーフードサービスの一瀬邦夫社長(79)が8月12日、業績不振の責任を取って辞任した。後任は長男で副社長の一瀬健作氏(50)。2013年に開業した「いきなり!ステーキ」は、高級ステーキが格安で食べられるとして人気が急上昇。瞬く間に500店舗近くまで全国展開したが、2019年から赤字に転落していた。

 ***...

記事全文を読む