アラフィフになった元「援助交際少女」 娘をもったいま「パパ活女子」に思うこと

  • ブックマーク

「援助交際」が流行語大賞にノミネートされたのは1996年の事だった。あれから四半世紀以上が経ついまも、似たような行為は名前を変えて続いている。かつての「援交少女」はどう生きているのだろうか。『売る男、買う女』(新潮社)などの著書があり、自身も夜の世界の仕事で働いた経験のあるノンフィクション作家の酒井あゆみ氏が取材した。

 ***...

記事全文を読む