相手をバットで殴って意識不明に…乱闘で主役を食う大暴れを演じた男たち

スポーツ 野球

  • ブックマーク

あちこちで大立ち回り

 8月6日のオリックス対日本ハムで、2打席連続死球に激高したオリックスの主砲、杉本裕太郎に対して、日本ハムの新庄剛志監督が「悪かったね」と謝罪し、乱闘劇を寸前回避した“神対応”が話題になった。乱闘は通常直接の当事者がクローズアップされるが、過去には新庄監督のケースとは逆に、主役を差し置いて直接関係のない選手やコーチが大暴れして退場処分になったり、問題になったケースがあった。【久保田龍雄/ライター】...

記事全文を読む