カチコミに「高速バス」、餞別は5万円、内縁の妻は涙の嘆願……山口組抗争の陰で「哀しきヒットマン」法廷レポート

国内 社会

  • ブックマーク

 2015年8月に日本最大の指定暴力団・山口組が分裂してからはや7年。今年6月5日には、六代目山口組との抗争状態が続く神戸山口組の井上邦雄組長宅が銃撃され、また、翌6日には絆會の織田絆誠会長宅に軽乗用車が突っ込むなど、神戸は一時騒然とした。今後も抗争は激化するのか、はたまた収束へ向かうのか――。予断を許さない状況が続く。そうしたなか、神戸地裁で先日、六代目山口組の四次団体の組長と若頭に実刑判決が言い渡された。その法廷からは、あまりに哀しい令和ヤクザの生き様が見えてきた。...

記事全文を読む