【鎌倉殿の13人】頼朝の死後、北条時政の権力欲が露わに……なぜ我が世の春は長続きしなかったか

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は29話で1201年9月に関東を襲った暴風雨を描いた。1203年9月の「比企の乱」が近づいてきた。北条時政(坂東彌十郎)の権力欲が露わになる。時政の実像を史料から探る。...

記事全文を読む