東電訴訟で13兆円の賠償判決 裁判長は「最高裁判事への道を突っ走る超エリート」

国内 社会

  • ブックマーク

「7カ月かけて書いた判決です。最後までしっかり聞いてください」

 朝倉佳秀裁判長は、そう前置きしてから主文を読み上げた。東電の株主が旧経営陣5人を訴えていた株主代表訴訟の判決が出たのは今月13日。東京地裁は4人に対し13兆3210億円の支払いを命じた。実に巨額の賠償額だった。...

記事全文を読む