太陽系の外には何がある!? NASAの最新望遠鏡が見つけ出す「宇宙の新常識」

ビジネス IT・科学

  • ブックマーク

 7月11日、アメリカのNASA(米航空宇宙局)が公開した、「これまでで最も遠い、鮮明な宇宙の赤外線画像」。

「約46億年前の銀河団〈SMACS0723〉の姿」とする、この美しい画像を撮影したのは、ハッブル宇宙望遠鏡に代わる次世代の「ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)」である。...

記事全文を読む