ハードな風俗店勤務で“クビ”になった「女性税務署員」と持続化給付金詐欺で逮捕された「男性税務署職員」を結ぶ「国税」の点と線

国内 社会

  • ブックマーク

逮捕案件が相次いだ

 今年上半期を振り返ってみると、これまでさほど見られなかった、国税職員の不祥事が続けて報じられたと言えるだろう。2月に東京国税局の都内税務署勤務の女性職員(27)が“ハード”な風俗店でバイトをしていたことが明らかになった。一方で、5月には新型コロナウイルス対策の持続化給付金の不正受給に関与したとして、虚偽申請の指南役だった現役の国税職員が詐欺容疑で逮捕・起訴されている。一見関係なさそうな2つの出来事だが、興味深いことに両者には風俗店を基点に繋がりがあったという指摘もある。...

記事全文を読む