FM・NACK5「営業部長」が「火炎放射パワハラ」 被害男性が証言する飲み会の修羅場

国内 社会

  • ブックマーク

Advertisement

「なにウーロン茶なんか頼んでんだよ」

「ダメっす! ダメっす!」
「おいおい、カメラを止めるな! カメラぁ、止めるな!」

 貸し切りのコテージに野太い笑い声が響き渡り、嫌がる若手社員に向かって“火炎放射”が迫る。これがパワハラではなく、仲間内の飲み会での“悪ふざけ”だったと言われて、一体どれだけの人が納得するだろうか――。

 株式会社エフエムナックファイブ(以下、NACK5)は、埼玉県さいたま市に本社を置くFMラジオ放送局。地元のJリーグチーム・大宮アルディージャのメインスタジアムは、命名権を取得した同社の名前を冠して「NACK5スタジアム大宮」と呼ばれる。

 2018年4月にNACK5に入社したAさんは、2ヵ月後の6月から営業部に本配属となった。そこで出会ったのが、当時の営業部長であるB氏。Aさんに対して“火炎放射”をしかけた張本人である。

「営業部への配属が決まってすぐにBさんから“今夜、空いてるだろ? 歓迎会をするから”と呼び出されました。私はお酒に弱いので、会合の途中でウーロン茶を頼んだのですが、Bさんは“なにウーロン茶なんか頼んでんだよ”、“お前は飲んでも顔が白いから大丈夫だ、飲め!”の一点張り。しかも、“美味しい飲み物を作ってやる”と言うなり、私が飲んでいた焼酎の水割りのグラスに天ぷらを突っ込んで、それを飲むように迫ってきました」

「女性用下着」を着るよう指示

 いまのご時世にこうした「アルハラ」や「パワハラ」を“飲み会での悪ふざけ”で片付けることは不可能だろう。だが、当時のAさんには相談に乗ってくれる相手がいなかった。

「もともと正社員が30人ほどの会社で新入社員は私ひとりだけ。営業部内の先輩に相談しても、すぐにBさんの耳に入ってしまうのは分かっていました。希望して入社した会社だったので自分を押し殺して耐えるしかありませんでした」

 そんな営業部内で“若手いじり”が最もエスカレートするのは、毎年6月下旬から7月上旬頃に軽井沢で開催されるNACK5主催のゴルフカップイベントだという。イベントの開催期間中、営業部員はコテージに宿泊し、夜な夜な飲み会でハメを外すのが常態化していた。

「コテージではそれぞれに寝室があてがわれるのですが、入社1年目のときは、私の部屋の洗面台にメモと一緒に女性ものの下着が置かれていました。“これを着て出てくるように”と。上司からの言いつけには逆らえないので、キャミソールとパンティをつけて他の部員が待つホールに向かいました。ただ、笑いが起きなかったことで、周囲からは“うまくやらなきゃダメだよ”とダメ出しを喰らうばかりでした……」

次ページ:制汗スプレーとライターで「火炎放射」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]