生稲晃子が抱える1千万円訴訟トラブル 請求額が4千万円ほどに増加する可能性も

国内 政治

  • ブックマーク

 大混戦の東京選挙区で、“台風の目”といわれる自民公認候補にして元おニャン子クラブの生稲晃子(54)。現職に追いつけ追い越せとばかりに連日街頭演説に勤しむが、そのウラで“もう一つの戦い”が勃発しているのだという。

 ***...

記事全文を読む