大谷翔平の休養日が増えた深い理由 エンゼルス、マドン排除の裏で「放出」へ準備着々

スポーツ 野球

  • ブックマーク

起用法を巡る主導権争い

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(27)が6月12日からの5試合で2度も欠場した。昨季は全162試合で欠場はわずか4度。今季もジョー・マドン前監督(68)が指揮を執った6月6日までは1試合しか休んでいなかった。ここに来て休養日が増えた背景は――。メジャーのベテラン代理人X氏の言葉を頼りに探ると、エンゼルスのしたたかな戦略が浮かび上がってくる。...

記事全文を読む