「僕は不倫されても当然なのか」 幸せな結婚生活を暗転させた、年上再婚妻のあり得ない一言

  • ブックマーク

 厚生労働省の人口動態統計によれば、全婚姻のうち双方あるいはどちらかが「再婚」である割合は26.7%。結婚する4人に1組が再婚ということになる(2020年の数字)。この割合が80年代から徐々に増えているということは、パートナーとの「連れ子」と暮らす家庭も増加していることになる。今回ご紹介する男性もそんな一人だ。

 20年以上にわたって男女問題を取材し、『不倫の恋で苦しむ男たち』(新潮文庫)などの著書があるライターの亀山早苗氏が、当事者の男性に話を伺い、その胸中を明らかにする。...

記事全文を読む