根尾昂「投手転向」の責任は「与田体制」にも 中日にアマ球界から“ブラック企業”の烙印

スポーツ 野球

  • ブックマーク

大学4年生ならドラフト圏外

 中日の入団4年目、根尾昂の投手転向の衝撃はアマチュア球界にも余波が広がっている。大阪桐蔭高時代に甲子園で3度優勝し、ドラフト会議では4球団が1位指名で競合した逸材だ。その育成に二転三転する中日に対し、学生野球の指導者は「仮に根尾を一人前にできなければ、プロとしてのメンツはつぶれる。特に今回は、起用法が野手から二刀流、さらに投手へと場当たり的な印象で、育成能力には疑問符を付けざるを得ない」とアマ指導者の心証の悪さを代弁する。...

記事全文を読む