「オリンパス粉飾事件」特捜部が証拠改竄“疑惑のUSB” 「プロパティ変更ソフト」使用時にミスか

ビジネス 企業・業界

  • ブックマーク

初公判延期

 拘置所での長期勾留レコードホルダーは、「週刊新潮」2022年6月9日号「MONEY」欄でお伝えした通り、「オリンパス粉飾事件」の横尾宣政(のぶまさ)氏(966日)である。4年の服役生活ののち、一昨年秋に出所。目下、検察の違法行為によって裁判が歪められていたとして再審請求の準備中だ。

 ***...

記事全文を読む