「オリンパス粉飾事件」“長期勾留1位”の投資コンサル元代表と“証拠捏造”検察の戦い 再審請求へ

ビジネス 企業・業界

  • ブックマーク

間もなく再審請求

 検察が手掛ける事件は長期勾留が当たり前。そんな見方がある。「郵便不正事件」における村木厚子元厚労事務次官(当時は雇用均等・児童家庭局長)の164日間をはじめ、「森友事件」の籠池泰典理事長夫妻(298日)に「鈴木宗男事件」の佐藤優元外交官(512日)、「イトマン事件」の許永中氏(883日)といった具合だ。そしてダントツ1位となるのが、「オリンパス粉飾事件」の横尾宣政(のぶまさ)氏の966日である。

 ***...

記事全文を読む