中露につけこまれない日米関係を作るには 首脳同士の「作法と気概」

国内 政治

  • ブックマーク

 ロシアのウクライナ侵攻を機に、首脳外交が活発化している。国家の関係を左右するのは、結局のところ、最高首脳同士の相性だ。

 日米関係でいえば岸田文雄首相とジョー・バイデン大統領は足並みをそろえたが、過去にも中曽根康弘首相とロナルド・レーガン大統領、小泉純一郎首相とジョージ・W・ブッシュ大統領、安倍晋三首相とドナルド・トランプ大統領は、相性の良さから緊密な関係を築いた。...

記事全文を読む