クマのぬいぐるみに仕掛けられた砲弾……撤退するロシア軍が残した「卑劣すぎるトラップ」

国際

  • ブックマーク

ぬいぐるみの後ろにくくりつけられた砲弾

 2月にウクライナ侵攻を始めてから、ロシア軍側は現在までに3分の1の地上戦力を失ったと報じられている。それを裏付けるように、第二の都市ハルキウをはじめ各地でロシア軍の撤退が相次ぎ、これまでに千以上もの集落が解放されたという。しかし、避難民やウクライナ兵が不用意に集落に戻ることには多大なリスクがつきまとう。なぜなら、ロシア軍が仕掛けた非道な罠がそこかしこに張り巡らされているのだ――。

 ***...

記事全文を読む