4500万円のギャラを捨てた米倉涼子 「木9」に出演せずブロードウェイへ

エンタメ

  • ブックマーク

 テレビ朝日の秋の「木曜9時」ドラマ枠はここ10年、“連ドラ女王”米倉涼子(46)の独壇場だった。だが、今年は女王がいない。どうしても彼女を拝みたければ海を渡るしかない。

 ***

 米倉のハマリ役、外科医・大門未知子が活躍するドラマ「ドクターX」は、2012年10月にスタートした。以来、結婚1年目の15年と、所属事務所から独立を果たした直後の20年を除いて、秋の“木9”では彼女が主役を張ってきた。

 だが、今秋の“木9”には出演せず。ブロードウェイミュージカル「CHICAGO」に専念するという。

1年の稼ぎは3億円以上

「『ドクターX』のギャラは1本につき450万円。全体で4500万円に及ぶのですが……」

 と明かすスポーツ紙芸能記者によると、

「今年は、Netflix制作『新聞記者』にも出演しています。こちらのギャラはより高額で、1話1千万円とされる。加えて彼女は、楽天モバイル、コーセー、日本コカ・コーラ、東洋水産、キューピーコーワゴールドのCMに出演中。1社あたりの年間契約料は5千万円といわれますから、この5社だけで2億5千万円。ドラマを合わせたこの1年の稼ぎは3億円を超えます。しかも、個人事務所なので、それがまるまる収入になります」

 もう充分に稼いでいる。だから、4500万円もの“おいしい”仕事だって袖にできるというわけだ。

次ページ:富より名声?

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]