渡辺裕之さん、実弟が明かす“最後のだんらん” 元気な様子で故郷の特産品・干し芋を食べながら

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

故郷・茨城県の特産品である干し芋を食べながら…

 俳優・渡辺裕之さん(享年66)が自宅のトレーニングルームで倒れているのを、妻の原日出子さん(62)が見つけたのは5月3日のこと。そのまま帰らぬ人となったのはすでに広く報じられた通りである。

 ***

 原さんが10日に発表したコメントによれば、渡辺さんはコロナ自粛が始まったころから、先行きの不安を口にするようになり、考え込むことが増えたという。

 病院に通い、薬を飲むことで快方に向かっているように見えたこともあったものの、「少しずつじわじわと」心の病は渡辺さんを蝕み続けてしまい、「大きな不安」から抜け出せなくなった、と原さんは述べている。

 渡辺さんはリポビタンDのCMに11年間出演し、“ファイトー! イッパーツ!”の名フレーズでお茶の間の人気者に。以降、映画やドラマなどに精力的に出演した。元気なスポーツマン、というイメージが強いだけに、今回の死は衝撃が大きかった。

 プライベートでは、ドラマの共演が縁で原さんと1993年に結婚。芸能界屈指のおしどり夫婦として知られ、映画でも二人揃って“夫婦役”を演じるほどだった。

次ページ:「決してまわりに迷惑をかける人間ではないです」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]