プーチンはいつどこで狂った? インタビューから読み解く「少年時代のコンプレックス」

国際

  • ブックマーク

 戦争犯罪? なんと生ぬるい言葉だろう。我々が今目撃しているのは、ナチス・ドイツがユダヤ人に対して行ったのと同等の、非人間的な殺りく行為である。主導しているのは、ロシア連邦大統領、ウラジーミル・プーチン。彼はいかなる道をたどり、「暴君」となりしか。

 ***

〈じつのところ、私はとても単純な人生を送ってきた。すべてが明瞭だ〉

 プーチンが大統領に就任した2000年に出版されたインタビュー本『プーチン、自らを語る』(扶桑社)の扉にはそんな言葉が記されている。

〈学校を出て、大学に進んだ。大学を卒業すると、KGBに入った。KGBから大学に戻った。それから、サプチャクのスタッフとなった。サプチャクのもとを離れて、モスクワに移り、大統領府総務局に勤めた。それから、大統領府副長官となり、連邦保安局(FSB)長官となり、首相に指名された。そして、今は大統領代行を務めている。これだけだよ〉

 その“単純な人生”の続きをごく簡単に記すとすると、次のようになるだろうか。大統領就任後は着々と独裁体制を固めた。そして、その帰結として「ウクライナ人大量虐殺」を引き起こした――。

「戦争前から住民の殺害、埋葬が決まっていた可能性が高い」

 ロシアによるウクライナ侵攻から2カ月余り。民間人をも躊躇なくターゲットにするロシア軍の殺りく行為はとどまるところを知らず、南東部マリウポリ近郊では、数千人の遺体を埋めることができる集団墓地らしき穴が見つかったという。戦慄するほかない事態が日々、ウクライナの地で繰り広げられている。

「首都キーウ近郊のブチャだけではなく、マリウポリの近くでも集団墓地が見つかったということは、やはり戦争を始める前から住民を殺害して埋葬することが決まっていた可能性が高いと思います」

 そう語るのは、『独ソ戦 絶滅戦争の惨禍』(岩波新書)の著者で現代史家の大木毅氏である。

「遺体の処理をぞんざいに済ませると伝染病などのリスクがあるため、戦場における遺体処理は非常に重要です。報道されている状況をもとに考えると、遺体を埋葬するための特殊資材を最初から準備して行ったとしか思えません」

 プーチンはウクライナ侵攻の理由として「ナチ化を防ぐ」ためだと主張したが、

「彼は住民もひとしなみにナチだと考えているようです。つまり、ナチであるウクライナ人は殺しても構わない、むしろ殺すべきだという発想のもとに、前々からウクライナ人の殺害計画を立てていたと考えざるを得ないのです」(同)

次ページ:風呂なしの共同アパートで生活

前へ 1 2 3 4 5 次へ

[1/5ページ]