撤去問題の「ロシア語」看板、なぜJR恵比寿駅にあったのか 鉄道事業者の外国語事情

ビジネス 企業・業界

  • ブックマーク

 2月24日、ロシアがウクライナへと侵攻を開始。国際社会を震撼させる出来事となった。国連はロシア軍の即時撤退を求めたほか、アメリカ・ヨーロッパ諸国はロシアへの非難を鮮明にし、多くの企業も取引を停止。日本では岸田文雄首相が経済制裁に同調したほか、石油・ガスといったエネルギー関連の企業も脱ロシアの動きを強める。それでも、情勢は好転しているとは言い難く、ウクライナでは混乱が続いている。...

記事全文を読む