憂鬱な通勤生活が始まる… 究極の2階建て車両もあった「電車の混雑対策」5選

国内 社会

  • ブックマーク

 正月休みがまもなく終わる。通勤生活が始まることに、憂鬱な読者もいることだろう。だが鉄道事業者も混雑ラッシュに手をこまねいてきたわけではない。

 かつて大都市圏のラッシュ時には、電車の混雑率が200%を超える区間があり、その緩和が課題となっていた。平成に入ると、鉄道事業者は様々な施策を打ち出した。すでに廃車になったものも含め、「電車の混雑対策」の歩みを振り返ってみたい。【岸田法眼/レイルウェイ・ライター】

 ***
...

記事全文を読む