次の月9は「杏」「坂口健太郎」のダブル主演 昔ならあり得ないミステリーが三作続く事情

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 7月期のフジテレビの「月9」(月曜午後9時台の連続ドラマ)が、坂口健太郎(30)と杏(36)のダブル主演作に決まった。作品はミステリー「競争の番人」。原作は同名小説で、作者は新川帆立さん(31)だ。現在放送中の月9「元彼の遺言状」と一緒である。

「競争の番人」の舞台は公正取引委員会。坂口健太郎は東大卒のエリート審査官・小勝負勉に扮する。杏の役どころは同じチームの叩き上げ女子審査官・白熊楓だ。

 公取委は独占禁止法に基づき、自由で公正な競争を守るための行政機関。内閣府の外局であり、価格の不当な吊り上げにつながるカルテルや談合に目を光らせている。だから「自由競争の番人」とも呼ばれる。これがタイトルの由来だ。

 原作では小勝負と白熊のコンビがウェディング業界の競争妨害に斬り込む。ワルが談合や下請けイジメなどによって、不当な利益を懐に入れていた。その不当行為の全容を2人が解き明かすというミステリーである。

 公取委は警察でも検察でもないものの、職員が一丸となって悪と戦うところは一緒。視聴者の共感を呼ぶ勧善懲悪の構図がつくりやすく、ドラマ向きの組織にほかならない。

 公取委の存在は誰もが知っているが、その内情はほとんど明らかになっていない。組織の性質上、秘密ばかりだからだろう。これもドラマ向きだ。

 長いドラマ史において公取委がメインの舞台となったことは一度もない。やり尽くされたと思われていたお仕事ドラマの新ジャンルなのである。この新鮮さもフジにとっては魅力だったに違いない。

 原作者は現在放送中の「元彼の遺言状」に続き新川帆立さん。同一作家の小説が、同じ放送枠で続けてドラマ化されるのは極めて珍しい。

次ページ:3クール連続でミステリーの「謎」

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]