東大入学式の祝辞「ロシアを悪者にすることは簡単」が炎上 「それでも悪いものは悪い」と言い切ってもいい理由

国内 社会

  • ブックマーク

 東京大学入学式で来賓として登壇した映像作家・河瀬直美氏の祝辞の内容が注目を集めている。テレビや新聞で取り上げられたのは以下の部分だ。

「例えば『ロシア』という国を悪者にすることは簡単である。けれどもその国の正義がウクライナの正義とぶつかり合っているのだとしたら、それを止めるにはどうすればいいのか。なぜこのようなことが起こってしまっているのか。一方的な側からの意見に左右されてものの本質を見誤ってはいないだろうか? 誤解を恐れずに言うと『悪』を存在させることで、私は安心していないだろうか?

 人間は弱い生き物です。だからこそ、つながりあって、とある国家に属してその中で生かされているともいえます。そうして自分たちの国がどこかの国を侵攻する可能性があるということを自覚しておく必要があるのです。そうすることで、自らの中に自制心を持って、それを拒否することを選択したいと想います」(東京大学HPより)

 最初の一文が大きくフィーチャーされたために「炎上」しているようだが、前後の文脈から見て、河瀬氏がロシアの蛮行に一分の理がある、と言いたいわけではないだろう。「絶対的な正義」や「絶対的な善(悪)」というものを設定することの弊害を指摘しているのだと推察される。なぜだかここで「自分たちの国」が侵攻されるよりも、はるかに可能性が低い「侵攻する可能性」についてのみ触れている真意はわかりづらいとはいえ。

 これは別に斬新な考え方ではなく、「価値相対主義」などと呼ばれる思考法に近いものである。

「この世に絶対、なんてものはない。そのような考え方が独善性を生んでしまうのだ」

「正義などというものは、立場によって変わるものだ」

 思春期に一度はこの種のリクツにしびれたり、かぶれたりした覚えがある人も少なからずいることだろう。「中二病」の症状のうちに含まれるかもしれない。

 河瀬氏が仕事としている映画の世界でもこうしたものの見方がテーマとなっている作品は珍しくない。

 最近でいえば「ジョーカー」(2019年)が好例だ。これまでバットマンの敵役、悪の化身のように描かれていたジョーカーの誕生までを描いた作品を観た観客は、善悪を簡単に決めることの難しさを思い知らされる。映画に限らず、マンガであってもこのような視点を盛り込んだ作品は多く存在している。

 その意味で、河瀬氏のメッセージは東大生にとって理解しづらいものではない。むしろ東大に入る若者ならばとっくに一度は触れたタイプの考え方である可能性が高い。

重要なことは論理的に説明できない

 ではロシアの行為を「悪だ」と断じることは知的な行為ではないのか。「絶対などというものは存在しない」「それぞれの正義がある」ということは論理的には正しいかもしれない。しかし……。

 こうした問題を考える際に、「論理の限界」の重要性を説いたのが数学者の藤原正彦氏だ。言うまでもなく数学の世界は論理を徹底的に重視する。ところが、藤原氏はベストセラー『国家の品格』の中で次のように述べている。

「論理的に得られた結論は盤石ではないのです」

「人間にとって最も重要なことの多くが、論理的に説明できないということです」

 河瀬氏の祝辞を補完する意味も込めて、以下、『国家の品格』をもとに同書から抜粋・引用しながらその真意を見てみよう(引用はすべて第2章「『論理』だけでは世界が破綻する」より)。

 藤原氏は、こう述べる。

「もし、人間にとって最も重要なことが、すべて論理で説明できるならば、論理だけを教えていれば事足りそうです。ところがそうではない。論理的には説明できないけれども、非常に重要なことというのが山ほどあります」

 論理だけで構築されているような数学の世界でも、実は「正しいか正しくないかを論理的に判定できない命題が存在する」ということが証明されている。1931年、オーストリアの数学者クルト・ゲーデルが証明した「不完全性定理」がそれである。

 この定理は、数学にとどまらず、当時、哲学などにも大きなインパクトを与えた。いくら論理を突き詰めていっても「正しさ」を決めることができない場合がある、というのはそれまでの考え方とは異なるものだったからだ。

 ここで藤原氏が取り上げたのが、「なぜ人を殺してはいけないのか」という有名な問いである。以前、日教組の教研集会で、傍聴していた高校生が会の最後の方になって、「先生、なんで人を殺しちゃいけないんですか」と質問した。しかし、そこにいた先生たちは、誰一人それを「論理的に」説明できなかった。

駄目なものは駄目

 論理をもてあそべば、「殺してもいい理由」も「殺してはいけない理由」も挙げることは難しくない。しかし、論理で絶対の正解を導くことは極めて難しい。

「あなたが殺されるのは嫌でしょう」と言われても「そうだけど、今言っているのは他人を殺すことです」とリクツを返すことも可能だ。

 だからこそ先生たちも言葉に詰まってしまった。

 これに対して、藤原氏はこう言い切る。

「人を殺していけないのは、『駄目だから駄目』ということに尽きます。『以上、終わり』です。論理ではありません。このように、もっとも明らかのように見えることですら、論理的には説明できないのです」

 続けて藤原氏は、会津藩の教えを例に取る。江戸時代、会津藩の藩校には「什(じゅう)の掟(おきて)」というのがあった。「虚言を言うことはなりませぬ」「卑怯な振る舞いをしてはなりませぬ」「弱い者をいじめてはなりませぬ」等々。

 この掟を結ぶ言葉は、

「ならぬことはならぬものです」

 だったという。

「要するにこれは『問答無用』『いけないことはいけない』と言っている。これが最も重要です。すべてを論理で説明しようとすることはできない。だからこそ、『ならぬことはならぬものです』と、価値観を押しつけたのです」

スミレの美しさは説明できない

 それでは古い価値観の押しつけになるではないか、という反発は当然予想される。これに対して藤原氏はこう説く。

「本当に重要なことは、親や先生が幼いうちから押しつけないといけません。たいていの場合、説明など不要です。頭ごなしに押しつけてよい。もちろん子供は、反発したり、後になって別の新しい価値観を見出すかもしれません。それはそれでよい。初めに何かの基準を与えないと、子供としては動きがとれないのです。

 野に咲くスミレが美しいということは論理で説明できない。モーツァルトが美しいということも論理では説明できない。しかし、それは現実に美しい。卑怯がいけない、ということすら論理では説明できない。要するに、重要なことの多くが、論理では説明できません。

 戦後の我が国の学校では、論理的に説明できることだけを教えるようになりました。戦前、『天皇は現人神(あらひとがみ)』とか『鬼畜米英』とか、非論理的なことを教えすぎた反省からです。しかし反省しすぎた結果、もっとも大切なことがすっぽり欠落してしまったのです」

 藤原氏は「論理を軽視せよ」と言っているわけではない。ただ論理に溺れることのバカらしさ、危うさを指摘しているのだ。『国家の品格』のこの部分は当時、多くの共感を呼んだという。

 河瀬氏の属する映画界で次々明るみに出ている性犯罪、性暴力に対して、映画監督や作家らがさまざまな形で怒りの声を上げている。法的には「推定無罪」なので加害者側とされる側の「正義」に思いを馳せたり、言い分に耳を傾けたりすることは、「論理的」に取り得るアプローチなのだが、「ならぬことはならぬ」という気持ちが先にあるからこその行動だろう。

 河瀬氏の東大生に向けてのメッセージは次のことばで締められている。

「どこまでも美しいこの世界を自由に生きることの苦悩と魅力を存分に楽しんでください」

 自らの明るい未来だけではなく、その「美しい世界」が破壊されている人に思いを馳せることもまた新東大生には求められているのだろう。

「ウクライナにもロシアにも正義がある」「絶対的な悪なんか決められない」式の思考法をもとに今回の戦争を論じ始めれば、「侵略されるのも意味がある」「強制連行が悪いとはいえない」「破壊された街もまた美しい」等々、いくらでもおかしなリクツをひねり出すことが可能になってしまう。それは決して知的な行為ではないのではないか。

デイリー新潮編集部