千葉の盗撮事件で“証拠があるのに無罪”となった理由 犯人の肛門から取り出した“証拠”が不採用に

国内 社会

  • ブックマーク

 近年、性犯罪の中でも急増しているのが「盗撮」だ。スマホやビデオカメラの性能アップもあって全国で年間4千件近く起きている。ところが、それを“奨励”しかねない判決が下されたのは昨年10月のこと。千葉県で起きた盗撮事件の裁判で、証拠があるのに一部が無罪になっていたのだ。...

記事全文を読む