日銀トップ人事に急浮上する“女性バンカー”とは 父は「火の玉」研究で知られる早大名誉教授

国内 社会

  • ブックマーク

 9年に及ぶ「異次元」の金融緩和の評価はさまざまだが、黒田東彦(はるひこ)日銀総裁(77)の任期もあと1年。早くも関心は、次の総裁人事に集まっている。全国紙の金融担当記者によると、

「目下、有力視されているのは現副総裁の雨宮正佳氏と、元副総裁で大和総研理事長の中曽宏氏の二人です。雨宮氏は、政策委員会室や企画局を担当してきた実務派。一方、中曽氏は日銀時代、国際関係部門を統括していた国際派です」...

記事全文を読む