「恋せぬふたり」で好演、「岸井ゆきの」の魅力 “名バイプレイヤー”からヒロインへ

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

恋せぬふたりで脱“名バイプレイヤー”

 さて、「恋せぬふたり」である。このドラマは“アロマンティック・アセクシュアル”をテーマにしている。NHK公式によれば〈アロマンティックとは、恋愛的指向の一つで他者に恋愛感情を抱かないこと。アセクシュアルとは、性的指向の一つで他者に性的に惹かれないこと。どちらの面でも他者に惹かれない人を、アロマンティック・アセクシュアルと呼ぶ〉のだそうだ。岸井が演じるのは昔から恋愛やセックスに興味を持てない28歳のOL・兒玉咲子。咲子はある日、アロマンティック・アセクシュアルを自認する高橋羽(高橋一生)と出会う。2人は世間からの「結婚して幸せな家庭を持ちなさい」という同調圧力から逃れるかのように、自分たちなりの家族の形を求めて同居生活を始めることに。恋人でも家族でもない2人の同居生活が周囲に波紋を広げていく様が“ラブではないコメディ”として描かれる。

 現在まで6話が放送されたが、最も印象的だったのは第2話。高橋との同居生活が母のさくら(西田尚美)にバレたのだが、さくらは完全に高橋を彼氏だと思い込んでしまう。そこで2人は恋人同士であることを装い、咲子の実家へ。しかし恋愛に縁のなかった咲子が恋人を連れてきて“普通の幸せ”を得たと盛り上がる家族たちの様子に苛立ち、「“普通の幸せ”って何? “普通の家庭”って何? なんでそんなに失礼なことばっかり言えるの!?」と声を荒らげてしまい、2人がアロマンティック・アセクシュアルであることを告白するのである。

 このシーンで印象深かったのは怒りを爆発させたときの表情だ。細かい心情の揺れがすごく丁寧に伝わってきた。我慢する演技にしてもストレスを発散する演技にしても、観るものに役柄の感情を正確に伝える圧倒的な表現力は見事というしかない。

 演技力の面でも容姿の面でも様々な役をこなせてしまう実力があるからこそ、これまではバイブレイヤーとして重宝されることが多かった。だが、これからは高い演技力を誇る彼女でなければヒロインが務まらない作品が増えていくに違いない。「恋せぬふたり」はまさにその第一歩だ。

上杉純也

デイリー新潮編集部

前へ 1 2 3 次へ

[3/3ページ]