スザンヌが語る「主婦高校生」の秘訣 母校の卒業に挑戦…「朝4時に起きて勉強」をこなすコツとは

エンタメ

  • ブックマーク

 いま注目を集める「リカレント教育(社会人の学び直し)」。“おバカタレント”としてブレークしたスザンヌは、現在子育てをしながら自らが中退した高校に再入学し、卒業に向けてオンライン授業に取り組む日々だという。

 ***

 えーっと、「コルコンド現象」って知ってます?

 ちょっとずつギャンブルにお金をつぎ込んじゃう人はどうして止められないのか。それまでに損した分を取り返さないとヤバいと考えて、どんどん抜けられなくなり、結局は借金が膨らんでどうしようもなくなっちゃうんです。

 フランスとイギリスがコラボで開発を手掛けた超音速旅客機も、あまり上手くいっていないのに、巨額の開発資金を投じてしまったから引くに引けなくなって泥沼にハマったらしいです。その飛行機が、現象の名前の由来なんですって。

 これ、社会情報マーケティングの授業で学んだ知識です。私は今、通信制の高校に通ってこんなことを勉強しています。授業を受けていて本当に楽しいです。こうやって、知らなかったことをいっぱい教えてもらえますからね。

 えっ、「コンコルド現象」? そうだったかも!

 芸能活動に専念するため、私は2年生の途中で高校を退学。芸能界に身を投じたことで得たものは大きかったですし、ほかの人よりも早く大人になれた気もしていたので後悔はありませんでした。でも、今になって振り返ってみると、やはり卒業できなかったことが心のどこかに引っかかっていたのかもしれません。

 そして2年前に始まったコロナ禍。ステイホームせざるを得なくなり、せっかくだからその時間を利用して何か趣味でも見つかればいいなと、ウクレレを習ってみたりしました。

息子が同じタイミングで小学校に入学

 そんな時に、あるテレビ番組に出て、私の母校である福岡市の第一経済大学付属高校(現・第一薬科大学付属高校)の制服の話になった時に、「でも、私は卒業してないんですよね」と言ったら、当時の先生が電話をしてきてくれた。「もし、やる気があるなら卒業してみないか?」と。通信制のオンライン授業で卒業できるというので、2年前の4月に、母校に再入学することにしました。

 今度、私がちゃんと卒業できたら、卒業式に高校時代の友だちが来てくれて会えるんじゃないか、ここは新しいステージにチャレンジできる絶好の機会、ワンチャンあり!って考えたんです。

 そう思い立ったとはいえ、最初はすごい不安でした。入ってみたはいいものの、途中でまたダメだってなったらどうしようと。でも、息子もちょうど同じタイミングで小学校に入学でしたから、親子で一緒に学べる時期は今しかない、これが最後かもしれない、やるしかないと奮起しました。

次ページ:朝4時に起床して勉強

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]