ハイエナにしゃぶり尽くされる「東芝」解体ショー 「3社分割案」公表でも一向に株価上がらず

ビジネス 企業・業界

  • ブックマーク

株取得から5年

 今年3月末までに東芝が開催を予定している臨時株主総会。その場で、「3社分割案」に白黒がつけられる見通しだ。140年以上の伝統がある東芝は、内部からはなかなか分割案が持ち出されなかった。物言う株主から追い詰められ、やむなく選択した格好である。

 ***

 3社分割案とは、まず発電事業などを手掛ける「インフラサービスカンパニー」、半導体を受け持つ「デバイスカンパニー」の新会社2社を設立する。そのうえで、東芝本体はフラッシュメモリー製造の「キオクシア」などの株式を保有する会社として存続。さらに、既存株主に新会社2社の株式を譲渡し、2年後をメドにその2社を上場させるというもの。

 東芝の大株主は、第1位がエフィッシモ(9.91%)。次が、「3Dインベストメント・パートナーズ」(7.2%)、「ファラロン・キャピタル・マネジメント」(5.37%)と続く。

 M&Aアナリストの解説によれば、

「すでに、東芝株取得から5年が経過し、物言う株主は出資者にキャッシュアウトを迫られています。そのため、物言う株主が東芝に突きつけたのが、MBO(経営陣による買収)でした」

 目下、東芝の時価総額は2兆円。MBO資金として、内部留保の1兆円と銀行借り入れなどを合わせ、3兆円を準備しなければならない。

次ページ:票読みは混沌

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]