「東芝と経済産業省が一体となって」の衝撃 東芝を揺るがす、核心をついた調査報告書

国内 社会

  • ブックマーク

驚きをもって受け止めています

 東芝が激震に見舞われている。「昨年7月の株主総会の運営は公正でなかった」とする外部弁護士による調査報告書が6月10日に公表されたことを受け、13日には臨時取締役会を招集。来る25日の株主総会で諮る予定だった取締役選任案を変更し、監査委員会委員を務める社外取締役2名を除外するとともに、副社長、上席常務を退任させることを決定した。事実上の更迭処分と見られる。公認不正検査士で、企業のガバナンスやコンプライアンスなどを研究する、北島純社会情報⼤学院⼤学特任教授によるレポート。...

記事全文を読む