「おしゃれクリップ」をMC「山崎育三郎」が欠席の前代未聞 代役は菅野美穂のウラ事情

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

看板俳優の最有力候補

「山崎本人が言っていたように、まさに前代未聞の事態です。長年やっている番組で、1回だけというならまだしも、『おしゃれイズム』をリニューアルした『おしゃれクリップ』がスタートしたのは昨年10月。山崎はMCに就任したばかりですよ」

 デイリー新潮は昨年9月に配信した「新番組『おしゃれクリップ』のMCは山崎育三郎 残るイスを獲得するのは誰だ!」で、1社提供番組のMC決定がいかに大変かを報じている。スポンサーの資生堂は、せっかくMCに抜擢した山崎のことをどう思っているのだろうか。

「MCが山崎に決定するまでにもいろいろありましたからね。『DCU』への出演が先に決定しており、それを理解した上で『おしゃれクリップ』がスタートしたようです。ピンチヒッターが菅野さんなら、むしろ歓迎しているかもしれません。数々のドラマに主演する人気女優ですし、資生堂のCMにも出演中ですし」

 山崎も菅野も所属事務所は研音だ。

「研音には、唐沢寿明、反町隆史、沢村一樹ら人気俳優が数多く所属していますが、彼らに続く看板俳優を育てることが急務となっています。その最有力候補が山崎です。『おしゃれクリップ』にも、研音がイチオシ俳優として猛烈に売り込み、MC就任が決まったそうです」

 その上、日テレは研音に借りを作ってしまった。

全国ツアーも開催

「新しいトーク番組はまだ人気もないため、ゲストのブッキングに苦労します。そこで研音は、初回のゲストに自社の看板俳優である反町をブッキングし、番組に協力しました。自分が出演する『相棒』(テレビ朝日)の番宣でもなかなか稼働しない人気俳優ですから、いかに山崎に期待しているかがわかります。日テレとしては、研音に借りを作ったと感じたようです」

 しかも山崎は、今後も《何回か出られません》と言っている。

「最近の日曜劇場は、たびたび放送時間を延長しますからね。その伏線かもしれません」

 山崎は4月から7月にかけて、“過去最大規模”の全国ライブツアーも開催するという。

「『おしゃれクリップ』の番組コンセプトが“私の中の、もうひとりのワタシ”なんですが、山崎がもうひとりいたら良かったのに……」

デイリー新潮編集部

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]