独特なルックスに注目集まる「Osaka Metro」新型車両 見た目だけじゃない新しさ

国内 社会

  • ブックマーク

「走り続ける、変わり続ける」をキャッチフレーズとするOsaka Metro(大阪市高速電気軌道株式会社)。その言葉どおり、2025年の万国博覧会(以下、万博)開催に向けて、大きな変化を遂げようとしている。その象徴が万博アクセス輸送を担う中央線で、鉄道車両の概念を大きく打ち破る400系が目玉と言える。その魅力やOsaka Metroの今後をご案内しよう。【岸田法眼/レイルウェイ・ライター】...

記事全文を読む