大阪「LGBTの駆け込み寺」に集う人々 56歳で性別適合手術、柴谷住職が目指すもの

国内 社会

  • ブックマーク

 総選挙だった2021年10月31日、大阪府守口市の住宅街に佇む小さな「性善寺」(大徳山浄峰寺)で炎が赤々と燃え上がる「護摩焚き供養」が行われた。終了後の柴谷宗叔住職(67)の法話が面白い。「讃岐うどんは有名ですが、香川県は雨が少なく米が育ちにくい。小麦を育てた。うどんが発達した。うどんの製法を中国へ渡ったお大師さま(弘法大師)が伝えたんです」。...

記事全文を読む