源氏物語は「処世術の実用書」、徒然草は「終活本」 古典文学の新しい楽しみ方とは

国内 社会

  • ブックマーク

 千数百年の昔から脈々と読み継がれてきた古典文学は、日本人の叡智の宝庫でもある。終活や組織内でのサバイバル法を指南し、読む者の心身を解毒する――悠久の時を経て、令和を生きる我々にも示唆を与えてくれるのだ。そんな古典文学の新しい読み方を紹介する。

 ***...

記事全文を読む