松平健の紅白出場で振り返る「暴れん坊将軍」豆知識 起用のワケは“史実に近い身長”だった?

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 2021年大晦日放送の『第72回NHK紅白歌合戦』では、俳優・松平健(68)が特別枠にて17年ぶり2回目の『マツケンサンバII』を披露する。松平の代表作といえば、1978年1月7日から2008年12月29日まで832回にわたって放送された『暴れん坊将軍』(テレビ朝日系)である。紅白出場を祝し、“不朽の名作”のトリビアをピックアップしてみよう。【岸田法眼/レイルウェイ・ライター】

『暴れん坊将軍』はなぜ徳川吉宗なのか?

 そもそも、なぜ『暴れん坊将軍』として江戸幕府の8代将軍、徳川吉宗が選ばれたのか。『水戸黄門』は講談から始まり、映画、TBSの時代劇となった経緯があるのに対し、『暴れん坊将軍』に関しては講談すらなく、テレビ朝日(以下、テレ朝)が独自に生み出したキャラクターだ。いわば、時代劇の新しいヒーロー像を視聴者に提案したと言える。

 1970年代後半当時、TBSの『水戸黄門』は平均視聴率30%超であったが、時代劇そのものは「冬の時代」と言われていたという。テレ朝は、その状況を打破すべく、「『遠山の金さん』のような“当たり狂言”(※客入りが良い芝居を指す語)を増やすと同時に、新しいスターを育てる」ことで話がまとまってゆく。

 こうして、時代劇に新風を吹かせるべく、『吉宗評判記 暴れん坊将軍』が生まれた。徳川吉宗が抜擢されたのは、テレ朝重役の「吉宗は、ロッキード(事件)後の三木(武夫)首相に似ている」という発言にヒントを得たという。

当時23歳の松平健を主役に起用したワケ

 徳川吉宗役には、当時23歳、知名度はあまりなかった松平健が起用された。当時の所属事務所である勝プロダクション社長で俳優の勝新太郎が「178センチの長身と端正な顔立ちは、時代劇の主役でいける」と売り込み、テレ朝との面談の末、受け入れたのだ。実際の徳川吉宗の身長は180センチと言われており、史実とピッタリ合うのだろう。

 1978年1月7日(土曜日)20時、『吉宗評判記 暴れん坊将軍』がスタート。初回の視聴率は8.7%。当時、土曜日のゴールデンタイムはTBSの独壇場で、特に20時台の『8時だョ! 全員集合』は最高視聴率50%をたたき出すほどの超人気番組だった。当時は牙城を崩すことは困難な状況で、“洗礼”を浴びた。だが、視聴率はわずかながら右肩上がりとなってゆく。

『吉宗評判記 暴れん坊将軍』は当初ワンクール13回の放送予定だったが、制作の続行が決定。4月以降も放送されると、松平への注目は集まり、視聴率はさらに上がってゆく。そして、1979年4月7日放送回で初めて15%を突破した。テレビ業界では視聴率15%台以上がゴールデンタイムにおける「人気番組」「高視聴率番組」とされており、放送開始から1年3カ月でその仲間入りを果たしたのだ。

 番組の人気は、小学生の社会科テストにも表れた。徳川吉宗の異称について「米将軍」と答えさせる設問に、「暴れん坊将軍」と回答する児童が続出したという。先生は△と採点し、半ば大目に見たようである。

次ページ:大岡忠相と辰五郎は別の仕事にコンバートしていた

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]