日本人はどこまでコロナにおびえるのか オミクロン株への“鎖国”を評価する異常さ(中川淳一郎)

  • ブックマーク

 政府の一連の新型コロナウイルス対策は「決められない」「後手後手」と批判され、その様子は映画「シン・ゴジラ」の大杉漣演じる優柔不断な総理大臣とその他閣僚を連想させる、とネットには書き込まれました。...

記事全文を読む