明日の「M-1」決勝を占う 業界通は「ズバリ非吉本が有利」と指摘

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

「M-1グランプリ2021」(テレビ朝日系列・ABCテレビ制作)が12月19日に放送される。決勝に進出する9組が発表されたが、その“吉本興業率”が話題になっているという。

 ***

 バラエティ番組の制作に携わるスタッフは「顔ぶれが発表されると、例年以上にファンの期待が高まっているようです」と言う。

「かなりの番狂わせが起きたため“マジでガチ”と喜ばれているのです。優勝候補と言われていた見取り図、ニューヨーク。人気コンビのアインシュタイン、ハライチ、アルコ&ピースといった面々が、決勝進出どころか準決勝で敗退してしまいました」

 そして決勝進出9組のうち、吉本興業の所属が5組、非吉本系4組となっている。

 テレビ業界の一部からも「非吉本の芸人に追い風が吹くかもしれない」と注目が集まっているという。

「非吉本のコンビで優勝したのは、第2回が松竹芸能のますだおかだ、第4回が人力舎のアンタッチャブル、そして第7回がフラットファイヴ(現在はグレープカンパニー)のサンドウィッチマン、この3組だけです」(同・スタッフ)

 M-1グランプリは2001年に第1回が開催され、吉本興業の中川家が優勝した。以来、11年から14年の中断期間を除くと、栄冠に輝いた16組のうち吉本所属が13組と圧倒的多数を占めている。

次ページ:実力主義vs.忖度

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]