華族将軍の「タンネンベルク信仰」が玉砕精神を生み出した――日米開戦80年目の真実

国際

  • ブックマーク

 今年12月8日、日米開戦すなわち真珠湾攻撃から80年を迎えます。日本はなぜ「必敗」の対米開戦に踏み切ってしまったのでしょうか――。

 思想史研究者の片山杜秀氏が著した『未完のファシズム 「持たざる国」日本の運命』は、ある華族出身の陸軍将軍が「劣勢の日本軍が優勢なアメリカ軍を“必勝の信念”で包囲殲滅できる」という狂気じみた論理を生み出してしまう過程を描いています。

小畑敏四郎の「タンネンベルク信仰」

 華族出身の陸軍軍人で、「作戦の鬼」の異名を取った小畑敏四郎は、第一次世界大戦時に観戦武官としてロシア軍に付いた経験がありました。...

記事全文を読む