羽生結弦、リモート練習でメダルは獲れる? 専門家は「効率的な練習方法」

スポーツ

  • ブックマーク

 フィギュア界にもDXの波か!? 来る北京五輪で3連覇を狙う、羽生結弦(26)。怪我に加えて、コロナ禍で「リモート練習」を余儀なくされるなど試練は続くが、その吉凶はいかに。

 ***

 現在、五輪の前哨戦といえるグランプリシリーズが進んでいるが、既に報じられているように羽生は不在。11月に開催のNHK杯とロシア杯に出場予定だったものの、練習中に転倒し、右足首の靭帯を損傷。欠場となった。怪我の具合が気になるが、

「程度が深刻というより、五輪を最優先にしての決断だと思います」

 と言うのは、元フィギュア五輪代表の渡部絵美氏。

「オリンピックの出場権を得るためには、12月の全日本選手権に出場し、そこで3位以内に入ることが実質的な条件になる。怪我をしたことで、羽生選手はグランプリシリーズを回避し、全日本、そしてその先の五輪にすべてを懸ける戦略に切り替えたのではないでしょうか」

 実際、前回の平昌五輪前には、同じ右足首靭帯を、松葉杖が必要になるほど傷めたものの、ぶっつけ同然で臨んで金メダル。本人にとってみれば、怪我との付き合い方は十分わかっているというところであろう。

次ページ:「一人練習」のメリット

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]