羽生結弦が心酔「チャクラの仙人」が語った「僕がチーム羽生を辞めた理由」

スポーツ週刊新潮 2019年5月2・9日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

羽生結弦が心酔した「オカルト整体師」追放の舞台裏(2/2)

 平昌五輪からわずか1年で追われる側から追う側へ。羽生結弦(24)の不調の“原因”として、日本スケート連盟関係者は、菊地晃氏(63)の不在を心当たりとして打ち明ける。ファンの間で“チャクラの仙人”と呼ばれる菊地氏は、15年にわたって羽生を見守ってきた整体師で、2013年からは「チーム羽生」にも加入していた。羽生が首にさげるペンダントも菊地氏が贈ったもので、氏の“スピリチュアルな体験”を元にデザインされているという。

 ***...

記事全文を読む